本文へ移動

業務案内

野木軌道のおもい

分岐器を外し、線路を新設しています。
分岐器を外し、線路を新設しています。
輸送業務は我々の使命
軌道⼯事は、レールを施設する⼯事だけに、多くの特殊な技術が必要とされる分野です。⼯程的には、枕⽊の施設、レール施設、レール締結、砕⽯投⼊、砕⽯しき固めの5段階。通常、レールは⻑さ5m単位ですが、最近は技術⾰新が進み、レールの⻑さを⻑くする傾向にあります。また、年ごとに⼤規模化する⼯事現場は、ミリの正確さが要求される現場でもあります。暑い夏にはレールが伸び、寒い冬にはレールは縮む・・技術者は現場ごとに異なる環境や気候にさえも気を配らなければなりません。
保線の技、巧の技能を受け継ぐ
軌道⼯事は現在、建設業法上は⼟⽊⼯事の中に分類されています。⼯事施⼯の⾯では⾼速列⾞が⾛る線路の安全を保ちながら施⼯するという特殊な分野です。したがって、⼯事の施⼯に当たっては「安全を全てに優先させる」という絶対条件があり、この為に列⾞の運転に関係する厳しい各種の制約があります。
すなわち、施⼯空間としては厳格な建築限界があり、施⼯管理に当たっては、軌道⼯事管理者・その他の各種の資格要件があり、更にこれらも1〜3年ごとの各種資格更新等の研修が必須となっています。施⼯技術の⾯では、列⾞の⾼速化とともにロングレール等の新しい軌道構造に開発や機械化施⼯、夜間⼯事の騒⾳問題等に対応しつつ技術の向上を図る必要があります。
⼈的な⾯では、経験豊富な熟練者が次第にリタイヤする時期に来ており、技術継承の⾯でも、従来のように⻑い現場経験の中で培っていく⽅法では間に合わなくなっているのが現状です。JRや各⺠鉄・地下鉄等の都市交通営業路線の拡⼤とともに、更に列⾞の⾼速化や新軌道構造の開発が進むと思われますし、軌道⼯事の施⼯者として施⼯技術や新技術の知識について、本格的な教育の必要が⽣じてきています。
 
 

業務内容紹介

軌道整備
軌道整備
線路が下がっているのを上げている作業です。(バラスト砕石区間)
軌道整備
線路が下がっているのを上げている作業です。(コンクリートスラブ区間)
レール交換⼯事  レール交換(バラスト)⼯事
専用の道具を使いレールを移動してます。
レールの切断をしています。

お問い合わせフォーム

野木軌道株式会社
〒252-0303 神奈川県相模原市
南区相模大野8丁目3-3

TEL.042-747-5637(代表)
0
1
8
9
2
3
TOPへ戻る